リスとお月さま & ペンギンのゆうえんち

最近借りてきた絵本で「いいなー」と思ったもの。

ゼバスティアン・メッシェンモーザー作「リスとお月さま

前に借りた同じ作家の「リスとはるの森
」でも思ったのだけど、この人の絵本って大人向けな気がします。
幼稚園児が読む以上に大人のほうが面白いと感じるのではないかな。

d0137061_17393250.jpg

私のお気に入りのハリネズミくん。
おっとりしていてキュート。

d0137061_1743189.jpg

リスくん。
彼の家の前にお月さまが落ちてきたところから話が始まります。
彼、登場人物の中で一番賢いんだけど、それでも所詮は動物。おバカちゃんなところがあります。

d0137061_17503726.jpg
d0137061_17505584.jpg

動きやギャグセンスがちょっと昔のアメリカのアニメを彷彿とさせます。
昔のディズニーとか、トムとジェリーとかみたいな。
こういうの大好き。
図書券入手できたらシリーズまとめて購入する気が満々です。
忘れないように記録に残しておきますw

訳者の方の経歴を見たら、「朗読者」の翻訳をされていた方でした。
こっちも面白かったなぁ。海外作品って絵本以外はあまり手に取らないので、たまに読んだ本があたりだとちょっと嬉しいです。

d0137061_17555668.jpg

さかざき ちはる作の「ペンギンのゆうえんち
これはかの有名なSuicaぺんぎんの本ですね。
こんなのあるのかー!と図書館で見つけてビックリしました。
直前にディズニーランドに行ったからか、娘が大喜びで読んでました。
「メリーゴーランド楽しかったねー」とか「ティーカップ面白かったー」とか。

d0137061_1813245.jpg

まるで「ウォーリーを探せ!」のような(笑)。
ところどころこんな感じのページが挟まってます。
ペンギンラブの私も読んでて楽しい。
娘はペンギンの真似っを始めるし(仕込んだw)。

d0137061_1835763.jpg

[PR]
by dorayaki1021 | 2010-09-28 18:10 | books